満月の隣、地平線の彼方

「インストラクター」は嫌い?好き?さまざま感じ方があるかもだけど、あながち悪いものじゃない気がする、「発泡酒」。そうじゃない?
トップページ >
ページの先頭へ

前のめりで口笛を吹く家族と観光地

泊まりに行きたくて仕方がなかった土地、と言うのは真鶴半島だ。
この地を知ったのは真鶴という題名の川上弘美の本。
いろんな解釈があり、自分の未熟な感覚では、いまだに深い感心はしていない。
でも、出てくる真鶴の雰囲気が好きで、まだ見ぬ地に憧れていた。
静岡県の、神奈川県との県境に位置する所がここ。
先が真鶴岬。
真鶴岬の先、海から見えているのは三ツ岩という岩が3つ。
一番大きな岩の上には鳥居があって、潮がひいたら歩いて向かえる。
願いが叶い、実際のこの光景を見ることができた。
私のデジタル一眼の中身は真鶴がたくさん。
宿のおじさんにここに住みたいと言うと、喜んでくれた。

陽の見えない月曜の午後はお酒を
北方版水滸伝の人間味あふれていて雄々しい作中人物が、原作の水滸伝の108人になぞらえて、目立った登場キャラクターが108人でてくるが、敵方、政府側の登場人物も人間味あふれているのがいて、血が通っていると思える。
登場キャラクターに人間くさいもろさがうかんでくるのもかつまた、心がひかれるわけだ。
心が弱いなりに自分の夢とか未来の為に成しうる限りチャレンジしているのが読み進めていて魅了される。
読みあさっていておもしろい。
しかれども、魅了される登場人物が不幸な目にあったり、希望がやぶれていく様子も心にひびくものがあるから熱中する長編小説だ。

怒って体操する彼と壊れた自動販売機

離れた生家で暮らす嫁のお母さんも孫用として、たいそう大量に手作りのものを作成して届けてくれている。
キティーちゃんがとっても好きだと伝えたら、伝えたキャラクターの生地で、作ってくれたが、縫物の為の生地の価格がたいそう高額できっきょうしていた。
仕立てるために必要な布は横、縦、上下のキャラクターの方向があるので気をつけなくてはならないらしい。
しかれども、大量に、裁縫してくれて、届けてくれた。
孫はめちゃめちゃかわいいのだろう。

怒って踊る友達と枯れた森
ショップ店員さんって私には無理・・・と考えるのは自分だけだろうか。
勤務中、職業柄しっかり着飾らないと店のイメージにつながる。
私なんて、出張で働くときはスーツ着ればOKだし、メイクもしてれば良いとされている。
お出かけの時は、自分が満足する服装を選べばいいし、家で何かをするときはスウェットでも大丈夫。
だから、おそらく、服を売るなんて商売には、向かないと思う。
ショップに入ると店員さんが近寄ってきてファッションポイントや合わせ方を語ってくれる。
何度買い物に来てもそれに固まってしまい、買わずに去ってしまう。
こういった部分も、店員さんって大変と思う事の大きい理由の一つだ。

どしゃ降りの月曜の夜は昔を懐かしむ

甲府はフルーツ大国と言われるくらい、果物生産が盛んだ。
日本にはなかなか無い海なし県で、背の高い山々に囲まれている。
だから、漁業もできなければ、米の栽培もまったく盛んではない。
そこで、山梨を治めていたあの柳沢吉保が果物つくりをすすめたのだ。
他県よりも優れている何かが欲しかったんだと思う。
山と山の間の水はけの良さと、山国ならではの昼夜の気温の差は甘い果物を実らせる。

息絶え絶えでお喋りするあいつと冷たい肉まん
今晩は家族と外食なので、少年はものすごく楽しみにしていた。
何を注文しよう、と出発前からいろいろと想像していた。
パスタやハンバーグ、ポテトフライやから揚げ、なんてメニュー一覧にはどんな料理があるのかと想像していた。
行く場所は先日できたばっかりの和風レストランだ。
お父さんの運転する車は、じきに目的地に着く頃だ。
お母さんは助手席でのんびり景色を見ている。
お姉さんは少年の隣で、ケータイでメールを打っている。
少年は車から飛び降りると、ドキドキしながら入り口の扉を誰よりも先に開けた。

夢中で体操するあの人と突風

夏休みで催し物が大変増え、このところ、夜間にも人通り、車の往来がたいそう増えた。
田舎の奥まった場所なので、日常は、夜、人の通行も車の通りもほとんどないが、花火大会や灯ろう流しなどが行われており、人の行き来や車の通行がものすごく多い。
日常の静かな夜分が妨害されて少しにぎやかなことが残念だが、日常、元気がわずかな地方がにぎやかさがあるようにうつるのもまあいいのではないか。
周辺は、街灯も無く、暗いのだが、人の行き来、車の往来があって、エネルギーがあると陽気に思える。

どしゃ降りの月曜の夜明けは昔を思い出す
久しぶりの外での仕事の当日、初めて仕事で同行したAさんという年配の方は、怖そうな先輩だ。
初対面でお会いした時以降無口で、仕事以外での会話は全然したことがなかった。
その時、ただ何気なくAさんの袖をまくったがっしりとした腕をみてびっくりした!
大きな天然石ブレスがいくつもつけられていたため。
気付いたら、天然石興味があるんですね!と話しかけてしまった。ほど。
するとAさんは得意げに、いきなり笑顔で、それぞれの天然石の由来紹介してくれた。

天気の良い平日の夕暮れに昔を懐かしむ

多少時間に余裕が持てたので、TSUTAYAへ出かけた。
新規でmp3playerに入れる楽曲を探すため。
この春、かなり楽しんだ曲が西野カナさん。
常に聞いているのは洋楽。
ヨーロッパのアーティストの作品もかっこいいなーと近頃思う。
そう思い立って、今回借りたのは、セルジュ・ゲンズブールとジェーン・バーキンだ。
甘いボイスとフランス語が良い雰囲気だと思う。

一生懸命体操する姉妹と飛行機雲
娘がマルモダンスをおどっている。
教えてもいないのに、2歳だけど一生懸命踊っている。
テレビでマルモの音が流れると、録画映像を見るとだだをこねて泣いてしまう。
録画したものを流すと止まることなくずっと見続けている。
父親なので、映像を見てばかりよりは本を見たり、おもちゃなどで体を使って遊んだりしているのが好ましいが、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、いっしょに遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら絶対に巣立っていくものだから、今のうちにいっしょに遊んでおくのも自分の為でもあると思う。

サイトメニュー

サイトメニュー

Copyright (c) 2015 満月の隣、地平線の彼方 All rights reserved.